大阪市の葬祭費

「葬祭費」や「埋葬料」で葬儀費用を安く

健康保険に加入している方が亡くなった場合、加入している健康保険から「葬祭費」や「埋葬料」という給付金を受け取ることができます。
日本には国民皆保険制度がありますので、どなたも「国民健康保険」や「社会保険」または「各共済組合」のいずれかの保険に加入していることと思います。
「葬祭費」や「埋葬料」といった給付金を申請し受け取ることにより、葬儀費用の実質負担額を抑えることができますので、必ず知っておきたい給付金制度です。

給付金を確認する

給付金の額は亡くなった方が加入している健康保険組合により異なります。
下記の中から加入している健康保険組合をお選びいただくとすぐに見られます。

私たちにご相談ください

“おてごろ葬”にご依頼いただければ、「葬祭費」や「埋葬料」の内容や申請方法についても丁寧に説明いたしますので、どうぞお気軽にご相談ください。

大阪市国民健康保険

大阪市の国民健康保険に加入している方が亡くなった際は、5万円の葬祭費が支給されます。
喪主などの実際に葬祭を行った方が申請を行い、受け取ることができます。
なお、当社の「おてごろ葬」と葬祭費を組み合わせることにより、大阪市での葬儀費用を安く抑えることが可能です。

大阪市での直葬プラン
直葬プラン+葬祭費が5万円の場合の図
大阪市での直葬プラン

直葬プラン料金と火葬料金を合わせて葬儀費用総額は13万5,000円ですが、葬祭費の給付を受けることにより実質のご負担額は8万5,000円となります。

大阪市での火葬式プラン
火葬式プラン+5万円の葬祭費

火葬式プラン料金と火葬料金を合わせて葬儀費用総額は17万円ですが、葬祭費の給付を受けることにより実質のご負担額は12万円となります。

大阪市でのご自宅火葬式プラン
ご自宅火葬式と葬祭費5万円の組み合わせ
ご自宅火葬式プラン+5万円の葬祭費

ご自宅安置の火葬式プラン料金と火葬料金を合わせて葬儀費用総額は21万円ですが、葬祭費の給付を受けることにより実質のご負担額は16万円となります。

協会けんぽの健康保険

協会けんぽの社会保険に加入されている方が亡くなった場合や資格喪失後3か月以内に死亡された方は、協会けんぽから「埋葬料」という給付金を受け取ることができます。
給付金の額は5万円で、申請後2~3週間ほどで受け取ることができます。

なお、協会けんぽの「埋葬料」の額と大阪市の「葬祭費」の額はどちらも5万円ですので、「おてごろ葬」と給付金を組み合わせることにより、直葬プランなら85,000円、火葬式プランなら12万円、ご自宅火葬式プランなら16万円の実質負担額で葬儀をとり行うことができます。
ご自宅火葬式と葬祭費5万円の組み合わせ
>直葬プランと協会けんぽの埋葬料との組み合わせイメージ

ご自宅火葬式と葬祭費5万円の組み合わせ
>火葬式プランと協会けんぽの埋葬料との組み合わせイメージ

ご自宅火葬式と葬祭費5万円の組み合わせ
>ご自宅火葬式プランと協会けんぽの埋葬料との組み合わせイメージ

各共済組合の健康保険

公務員の方などはそれぞれの共済組合の健康保険に加入されているかと思いますが、共済組合の健康保険でもほとんどの場合は加入者が亡くなった場合「埋葬料」が支給されます。
支給額や細かい条件は異なるかもしれませんので、念のためにご加入の保険組合へお問い合わせください。
今回は参考のため「地方職員共済組合」の方の埋葬料の概要をご紹介します。

地方職員共済組合の埋葬料

地方職員共済組合の組合員が公務によらず亡くなった場合、被扶養者や実際に埋葬を行った方に5万円までの埋葬料が支給されます。
さらに被扶養者が亡くなった場合でも、家族埋葬料として5万円が支給されます。
したがって地方職員共済組合の組合員の方が亡くなった場合は、”おてごろ葬”と埋葬料を組み合わせることにより、直葬プランなら85,000円、火葬式プランなら12万円、ご自宅火葬式プランなら16万円の実質負担額で葬儀をとり行うことができます。
>直葬プランと協会けんぽの埋葬料との組み合わせイメージ
>火葬式プランと協会けんぽの埋葬料との組み合わせイメージ
>ご自宅火葬式プランと協会けんぽの埋葬料との組み合わせイメージ

各組合健保の健康保険

大企業にお勤めの方は協会けんぽではなく、自社の組合健保にご加入されている方も多いと思います。
組合健保はあくまでも組合ごとに考え方や運営指針が異なりますので、埋葬料についても一概に申し上げられませんがほとんどの場合は埋葬料やそれに相当する給付金を受け取ることができそうです。
組合によっては埋葬料に加えて、付加埋葬料をさらに給付される組合もあります。
とはいえ、正確なことはご加入の組合にあらかじめご確認ください。
ご参考までにインターネットで情報が開示されている組合健保の埋葬料について3社ご紹介しておきます。

NTT健康保険組合の埋葬料

NTT健康保険組合の組合員の方が亡くなった場合、法定給付の5万円に加えて5万円の付加給付を受け取ることができます。
したがってNTT健康保険組合の埋葬料の総額は10万円です。
さらに加入者本人だけでなく、被扶養者が亡くなった場合も加入者と同様の総額10万円の埋葬料が支給されます。

ホンダ健康保険組合の埋葬料

ホンダ健康保険組合の組合員の方が亡くなった場合、埋葬料5万円に加えてさらに3万円の付加給付を受け取ることができます。
したがってホンダ健康保険組合の埋葬料の総額は8万円です。
さらに加入者本人だけでなく、被扶養者が亡くなった場合は付加給付が1万円ですので、総額6万円の埋葬料が支給されます。

セキスイ健康保険組合の埋葬料

セキスイ健康保険組合の組合員の方が亡くなった場合、埋葬料として一律5万円が支給されます。
さらに加入者本人だけでなく、被扶養者が亡くなった場合も加入者と同額の5万円が埋葬料として支給されます。

葬祭費や埋葬料等の給付金の注意点

長くなりましたが、今回は大阪市のにお住まいの方が亡くなったときに支給される給付金についてまとめてみました。
国民皆保険制度のある日本では、いずれかの健康保険に加入しているはずなので、支給額や名称は違えども「埋葬料」や「葬祭費」といった給付金を受け取ることができそうです。
しかしながら、葬祭費や埋葬料等の給付金は自動的で受け取れるものではありません。
大切な方を無くした悲しみの中に大変ですが、出来るだけ早いタイミングで給付金支給の申請をしておきましょう。
“おてごろ葬”にご依頼いただければ、私たちが丁寧に給付金についてのご説明を致します。
細かいことでもお気軽にご相談ください。