よくある質問

お葬式代がない!と困ったときに考えたいこと

慌ててしまうのも無理ない

大病を患ってどんなに覚悟をしていても、大切な方との別れは考えたくないですし、1分でも1秒でも長く一緒に生きていたいもの。
ただ生まれてきた以上、遅かれ早かれ人間には死が訪れます。
大切な方を失ったご家族にとってはそばに寄り添って悲しみに浸りたいところですが、ご遺体は出来る限り早く保全処置を施してあげるべきですし、病院で亡くなった場合は病院から外に出してあげなければいけません。
一般的にお葬式やお別れに慣れている方など多くないでしょうから、どうしようどうしようと慌てふためくのも無理はありません。
そんな時に少しでも力になれるように、私たちが“葬儀費用を安く抑えるコツ”をまとめてみました。

病院紹介の葬儀社は?

まず病院で亡くなった場合、看護師さんや事務の方から「葬儀業者さんは決まってますか?」と問われるはずです。
もちろん病院からも葬儀業者さんを紹介してもらうことは可能ですが、葬儀費用を安く抑えたい場合は病院から紹介される葬儀業者は避けたほうが良いでしょう。
なぜかというとだいたいの場合は、葬儀社から病院へ紹介料が発生していたり、病院に取り込むための費用が多かれ少なかれ発生しているからです。
もちろんそのような経費は「葬儀費用」に上乗せされますので、病院から紹介される葬儀業者さんの場合は同じ内容でも必然的に料金が高くなる傾向にあります。(下図)

本来の葬儀費用に経費が上乗せされる例
本来の葬儀費用に経費が上乗せされる例

葬儀費用を安く抑えるコツ

それでは突然の悲しみの中、「葬儀代がない!」と困ってしまったときに打てる策をご紹介します。
重要なのは“掛かる費用を抑える”ことと“給付金をしっかり申請する”こと。
この2つをしっかり組み合わせれば、「葬儀代がない!」と困っても何とか最低限の費用で済ませることが可能です。
もう少し具体的に説明しますね。

掛かる費用を抑える

実は安いお葬式でも豪華で高額なお葬式でも、絶対に掛かる費用があります。
棺・搬送費用・安置費用(※)・火葬料金・ドライアイス・骨つぼ
これらは安いお葬式だろうが高額なお葬式だろうが絶対に必要です。
※ご自宅で安置できる場合は不要です。
逆に申し上げると、上記以外はあってもなくても困らないわけですね。
たとえば、祭壇・位牌・仏衣・葬儀会館使用料などです。
したがって「葬儀代がない!」という場合は、絶対に掛かる費用以外を抑えることが重要です。

給付金を申請する

みなさまは「葬祭費」とか「埋葬料」と言われる給付金をご存知でしょうか?
これは加入している健康保険組合から支給される給付金のことで、国民皆保険制度のある日本ではいずれかの健康保険に加入しているはずなので、金額は違えどどなたでも受け取れる給付金です。
加入している市町村や健康保険組合により金額は違うんですが、大阪市や堺市、福岡市にて国民健康保険に加入している方の場合は5万円が支給されます。
また、社会保険の場合で協会けんぽの健康保険に加入している方も5万円が支給されます。
給付金を申請してから支給まで2か月ほど掛かることもありますが、この制度は非常に大きいですよね。

「おてごろ葬」で葬儀を行った場合

以上のことをまとめて、当社がご提供している「おてごろ葬」で葬儀を行った場合の費用発生イメージをお見せします。
まず「おてごろ葬」には“直葬プラン””火葬式プラン””ご自宅火葬式プラン”の3プランがありますが、どのプランでも葬儀に必要な”最低限”をすべて含んでいます。
このほか必要な費用は、自治体に支払う火葬料金のみです。
火葬料金や支給される給付金の額が自治体や健康保険組合により異なるので、ここでは大阪市の国民健康保険に加入している場合を例に説明します。
下の図を見てください。

直葬プラン+葬祭費が5万円の場合の図
▲直葬プラン+葬祭費が5万円の場合の図

「おてごろ葬」で最も安い直葬プランをお選びいただいた場合、大阪市の火葬料金1万円を加えて葬儀費用総額は13万5,000円となります。(上半分)
ここから先ほどご説明したように国民健康保険から5万円の葬祭費(右下の緑の部分)が支給されますので、みなさまの実質負担額は8万5,000円となります。(左下のピンクの部分)
しつこいようですが、葬祭費は申請しても即座に支給されず2か月ほど掛かることもあるという点のみ注意してください。

「おてごろ葬」へご相談ください

当社では低価格であたたかいお葬式をご提供しています。
葬儀費用を安く抑えるのはもちろん、みなさまお一人お一人の状況に合った給付金のご説明や申請のお手伝いも致します。
お急ぎのかたも、事前相談も、お気軽に「おてごろ葬」へご相談ください!