お葬式Q&A

Q:病院と提携している葬儀社に丸投げしてもいい?

病院と葬儀社との間で契約をしていると聞いたことがあります。

自分で葬儀社を選ぶのが面倒な場合は病院付きの葬儀社に頼っていいんでしょうか?

何か注意点や気を付けたほうが良いことはありますか?

病院紹介の葬儀社=悪い?

以前は「癒着」といった言葉に代表されるように、病院から紹介される葬儀社は良くないという評判もありました。

ただ、インターネットで容易に情報を仕入れることが出来るようになった現代は、(全くないわけではないですが…)以前よりもトラブルになるケースは少なくなってきているように思います。

病院で「搬送はどうしましょう?」と伺っても、「もう決めてますからいいです」とおっしゃる方も年々増えてきています。

大変忙しい毎日の中で、しっかり準備されていることに頭が下がります。

病院に葬儀社を紹介してもらうときのポイント

とはいえ、突然の死で準備の時間がなかったりして、前もって葬儀社を決めておけない方も多いかと思います。

そんな方の第一の選択肢として、“病院に葬儀社を紹介してもらう”ことがありますが、その際に気を付けておきたいことを紹介しておきます。

「とりあえず搬送だけでも」

病院の霊安室等に長く預けておくことは出来ませんから、出来るだけ速やかに病院から安置場所へ搬送します。

安置場所がご自宅であれば搬送後に葬儀社を変えることは容易なのでそこまで心配する必要はありませんが、葬儀社の安置所へ搬送した場合、もしもその葬儀社の対応や見積もりに納得いかない場合は、安置場所からさらに違う葬儀社へ搬送しなくてはいけません。

経験のある葬儀社は、その面倒を逆手にとって「病院に長く預けておくわけにはいかないので、とりあえず当社で搬送しますよ!安置場所もありますから安心してください。」と囁いてきます。

さらに「搬送した後でも、葬儀社を変えることもできますから大丈夫ですよ!さぁ搬送だけでも当社にお任せください。」と付け加えます。

そのあとは前述の通り、一度搬送した安置所からさらに搬送をする面倒さや費用の高さを強調して、そのままお通夜・葬儀まで行うわけです。

良い葬儀社を見極めるポイント

冒頭にも書きましたように“病院紹介の葬儀社=悪い”ということは決してありません。

でもどういうところで葬儀社の良し悪しを判断すればいいのか悩むところですよね。

病院からの搬送というタイムリミットがある中で、良い葬儀社かどうか見極める方法を考えてみます。

サービス業としての基本が出来ているか

葬儀社も所詮はサービス業です。

少なくとも数十万のお金を払って、大切な方のお見送りの手伝いをしてもらうわけですから、挨拶ができる丁寧な対応ができる分からないことをしっかり教えてくれるといった、一般のサービス業と比較しても遜色のない対応が出来ているか確認してください。

見積りが明確で”総額”を教えてくれるか

葬儀社によっては見積書を提示するときに「基本プラン」とか「一式料金」という表現をすることが多くあります。

それ自体は特に問題ないんですが、「基本プラン」や「一式料金」に何が含まれていて、何が含まれていないかが分かっていないと、後々追加料金を徴収されたりトラブルの素です。

葬儀の知識がなくても、納得できるまで丁寧に説明してくれるのか1円単位の明確な見積書を提示してくれるか、をしっかり確認しておきましょう。