お仏壇の基礎知識

仏壇購入前に知っておきたいお仏壇の種類

お仏壇選びはどうすれば?

長く人生を歩んでいると、多少の差はあれ人間の死に触れることがありますよね。
不思議なもので、これまで宗教やお仏壇などに全く興味がなかった方でも、身近な方の死に触れた途端、仏教の教えやお仏壇にご興味をお持ちになる方もいらっしゃいます。
とはいえ、お仏壇など一生に一度買うか買わないかの商品。
一般の方でお仏壇に詳しい方はそう多くないのではないかと思います。
ということで今回はこれからご購入やお仏壇の新調をお考えの方に、お仏壇の種類や特徴をお伝えしたいと思います。

“金仏壇”と”唐木仏壇”

まずお仏壇には“金仏壇”と”唐木仏壇”の2種類があります。
“金仏壇”はその名の通り、漆塗りの上に金箔が施されているお仏壇で、金色の装飾は燦然と輝く仏様の世界を表しています。
また”唐木仏壇”は木目の美しさを生かした、重厚なイメージというのがぴったりなお仏壇です。
お値段もお仏壇のサイズや使用している木のランク、職人さんの差によってまちまちですが、100万円を超え数百万円以上するお仏壇も珍しくありません。

地域によってもバラつきがある

お仏壇には”金仏壇”と”唐木仏壇”の2種類があるわけですけれども、もちろんお買いになるみなさまの好みでお選びになるのも一つですが、地域によっても金仏壇が多いところと唐木仏壇が多いところがあります。
あくまでも一般的なお話ですが、近畿や北陸あたりの地域では浄土真宗が盛んなこともあり、金仏壇が多いようです。
対して、関東より北の地域では唐木仏壇のほうが多いようです。
ご自身の宗派をご確認なさって、金仏壇と唐木仏壇のどちらにするかの目安にされてもいいかと思います。

“台付き仏壇”と”上置き仏壇”

また、お仏壇の置き方によって“台付き仏壇”と”上置き仏壇”の2種類に分けられます。
“台付き仏壇”というのはつまり、お仏壇の本体の下に台が付いていて、畳や床の上に直接置くことができるお仏壇です。
一般的には140センチから180センチの間くらいの大きさで作られているものが多いようです。
“上置き仏壇”は”台付き仏壇”と違って本体のみのお仏壇のことです。
“台付き仏壇”のような土台がありませんから、畳の上や床の上に直接置くのではなく、タンスや机の上など好きなところに置くことができます。
最近ではご実家がマンションで大きなお仏壇が置けなかったり、施設に入ったりして仕方なく”台付き仏壇”を処分して”上置き仏壇”に買い替えられる方も増えています。
お仏壇の購入や新調をご検討の際は、ご自宅のスペースをご覧になりながら“台付き仏壇”と”上置き仏壇”のどちらにするかお決めになったほうが良いでしょう。

現代のお仏壇

最近では現代の住宅事情にマッチする超コンパクトでおしゃれなお仏壇も多く販売されています。
一見するととてもお仏壇だとは思えない、まるで高級家具のようなお仏壇や、ガラスで作られている透明感あふれるお仏壇も販売されています。
昔ながらのお仏壇を想像して、「仏壇なんていらないよ」と決めつけてしまうのではなく、一度最新のお仏壇をご覧になることをお勧めします。
もしかすると今お持ちのお仏壇よりも、コンパクトで取り扱いしやすいお仏壇と出会えるかもしれません。
お仏壇の洗濯・修理は「お仏壇ビフォーアフター」へ!